お客様の声

オニさんさん 30代・男性の画像
オニさんさん 30代・男性の画像

/

オニさんさん 30代・男性

担当:牧野 文宣

良かった:希望の地域、譲れないポリシーなどを確認し、将来まで含めた考察の上での提案を行うとともに、現実的なローンの枠組みについても教授してくれたため。内覧に行く前に、利点不利点を正直に伝えてくれたのも好感がもてる。ドリンクの準備も○。
気になった:特に無し。

担当者より

この度は数ある不動産会社の中から当社をお選び頂き誠にありがとうございます。

来店はその不動産会社ごとの営業手法なのでそれぞれの会社としての考え方がありますが、当社では基本的に内覧は現地集合・現地解散で実際にお会いしてみて来店した方がいいなと思った方へのみ、お客様の希望やお客様の考え方に合わせて来店を促すようにしております。

≪ 来店に向いている方 と 向いていない方 ≫を下記にまとめましたのでぜひ色んな不動産会社から来店を促された場合の参考にご覧ください。

≪ 来店に向いている方 ≫
〇長い期間家探しを続けている
〇エリアがなかなか絞れない
〇いくら借入できるか知らない
〇今まで欲しいと思った物件がある

上記項目に当てはまる方は内覧よりも来店してご自身の希望条件をしっかり見つめなおすのがおすすめで、家探しを始め少し知識経験がついてきた時期が良い情報も悪い情報も一番吸収しやすく、その時期に【心から信頼できる不動産担当者に出会えているか】が家探しをする上で非常に重要なポイントになります。

≪ 来店に向いていない方 ≫
△物件内覧するのが初めてもしくは数件目
△数年後に家を購入したい・引っ越したい
△気軽に話せる関係の不動産営業がいない
△夫婦どちらかが家探しに消極的

上記の項目に当てはまる方はまだ来店をおすすめしません。理由としてはこの時期のお客様は、まだ不動産=騙されてはいけないと構えている方が多く、営業担当者を心から信用信頼できる状況にないことと、まだそこまで知識が無いので営業担当からの親身な提案も捉え方によっては過度な営業として解釈してしまう可能性も高いため、この時期のお客様はいくつか不動産会社に電話して、電話時の対応が一番良かった会社で内覧を希望し、担当者の雰囲気や話しやすいかなど、不動産会社選びから始める事を強くおすすめします。

同じ物件でも複数社に問合せすることは全く問題ではありませんし、そこの会社がだけが取り扱っている物件というものはほぼありませんので、その他気になる物件があればまとめて聞いてみるといいかと思います。

牧野 文宣

  • 担当者の声 続き
    ≪ 来店に向いている方 と 向いていない方 ≫に共通して言える事は、【家探しをする上で心から信用信頼している良き相談相手】が周りにいるかどうか、そしてその良き相談相手が不動産担当者であればこれからのお客様の不動産人生にとって非常に頼りになる存在であることは間違いないでしょう。

    家探しは不動産担当者の知識経験と行動力や整理力が非常に重要となりますので、言われるがままに来店する前に来店が自分にとって必要かをしっかり判断するようにしましょう。福岡不動産研究所は「ちょうどいい住まい探しを、ちょうどいい距離感で。」をコンセプトにあなたにちょうどいい理想の物件をご紹介します。 これからもどうぞ宜しくお願い致します。【福岡不動産研究所】

他のお客様の声

お客様の声一覧